[504] テスト撮影

テスト撮影
写真情報(EXIF)
メーカー ニコン
カメラ機種 D3
レンズ Ai Nikkor 35mm F1.4S
焦点距離35mm
35mm換算した
レンズ焦点距離
35mm
露出プログラム絞り優先
ISO200
F値11
シャッター速度1/ 400秒
露出補正0
測光方式分割測光
フラッシュ非発光
光源光源不明
ホワイトバランスオート
ソフトウェアCapture NX 2.2.6 W
コントラストノーマル
彩度ノーマル
シャープネスノーマル
撮影日付2011年01月09日 14時40分
幅×高さ4256×2832
サイズ2370KB
備考Ai Nikkor 35mm F1.4S
スレッド504の画像のヒストグラム

ヒストグラム

  • 1BanditMAIL2011-01-09 16:29:44ID:823556dbb7

    Ai Nikkor 35mm F1.4Sを入手しました。
    昔からあこがれていたレンズで、新型のナノクリ3.5mmF1.4が出た現在でも継続販売されているレンズです。
    絞り開放ではトイデジのようなまたソフトフォーカスレンズのような不思議な画像です。
    多くのAiレンズを整理したニコンがこのレンズを残した理由が理解できました。
    もっと早く銀塩を使っていたときに手に入れておけばよかったのかな、なんて思っています。

  • 2agehiroURL2011/01/12 09:52:20ID:8a11442974

    おぉ
    高級レンズの一つを買ったのですね~。
    さすがにF11まで絞るとシャキッとしますね。
    35F2Dとどれぐらいの性能の差があるんだろう・・・。

  • 3BanditMAIL2011/01/12 11:49:30ID:3e29f28a1b

    このレンズがすごいのは、基本設計が40年前のままで、レンズコーティングの若干の変更のみであるということです。
    この古い設計のレンズが当時の設計のままカタログから消えずに販売され続けていること、キヤノンのファンにも使われていることなど、さらにアポロ計画で宇宙でも使われていたことなどでしょうね。
    夜空の星を撮るには最高のレンズとも聞きます。
    このレンズずっしりと重く、ガラスの塊みたいなレンズで、後玉の大きさには驚かされます。

  • 4BanditMAIL2011/01/12 17:01:11ID:3e29f28a1b

    agehiroさん、このようなサイトを見つけました。
    http://www.asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/essays/essay10.html
    焦点距離35mmのレンズは、ニコンでも一番力を入れて開発しているレンズで、銀塩時代には5種類もありました。
    この当時50mmの標準レンズは3種類しかなかったわけですから、かなり力を入れていたことがわかります。

名前: URL:
本文